【猫とスープ】遊び方や面白いところを評価します!

スマートフォンアプリゲーム「猫とスープ」の記事です。

基本的な遊び方と、ゲームをプレイしてみての評価をしていきたいと思います。

私は猫好きということもあり、一言で言うと「とても楽しめた!」というのが感想です。

どんなところが良かったのか、また気になる点はどこかをご紹介したいと思います。

「猫とスープ」基本的な遊び方

ゲームをダウンロードし、起動すると、物語が始まるかのようにゲームが始まります。

森の広場に最初の猫がスープ料理を作っていて、出来上がったら画面下のカウンターに運ばれます。

その料理をタップすると販売することができるので、どんどんゴールドを集めて行きましょう。

料理がカウンターいっぱいに並んだ場合、タップしなくても押し出されて自動で販売されます。

最初はスープしか作っていませんが、「ニンジン切り」という料理施設を作ると、猫がニンジンを切ってスープに入れたり、休憩施設を作ると、猫が休憩したりと。

その様子がとても可愛くて癒やされるゲームです。

ちなみに、休憩施設では「レシピポイント」を貯めることができます。

このレシピポイントはレシピ研究で料理のレベルを上げるのに使用します。

画面中央、上部にガイドが出ているので、それに沿って進めていけば「何をすればいいのか分からない」ということもなく、まったりクリアしていけば大丈夫です。

施設は、料理、休憩だけでなく、機能施設というのもあります。

この機能施設はレベルを上げる必要はなく、お助け機能のようなものです。

例えば、「宝箱」という施設は装備箱といってその名の通り装備の素材が入手できます。

「宝箱」に関しては、広告を見る必要があり、1日3回までと回数が決まっていますが、宝石を使えばまた開けることができます。

装備を着用するには、猫をタップし、ミニルームの画面を開きましょう。

コスチュームのタブの部位を選んで制作し、猫に着用してあげることができます。

どのようなコスチュームがあるのかというと、パンダやライオン、麦わら帽子など、たくさんのコスチュームが用意されていました。

とても可愛くて、キュンキュンします!

まだまだ開放できていないコスチュームがあるので、入手して着せたいと思います。

コスチュームは可愛いだけでなく、装備効果を持っていますが、着用しなくても装備の効果は常に適用されています。

「販売価格+10.0%」などの効果があり、装備の開放も結構重要かもしれません。

このゲームの大きな流れをまとめると、

  • ゴールドを獲得→施設の設置or施設のレベルアップ。
  • 猫のカスタマイズをして猫に癒やされる。

という感じです。

ちなみに、猫の数は、施設の数と同じになります。

猫に料理を作ってもらいゴールドを貯めて施設をどんどん増やし、発展させて楽しむゲームとなっています。

「猫とスープ」ゲームをプレイしての評価

猫とスープはプレイしてみると放置ゲームのようなシステムになっています。

ですので短い時間でゲームを楽しめるようになっているところが良いところです。

世界観は癒しと猫の可愛さで溢れているので、つい画面を眺めてしまうと思います。

猫が人参を切ったり、キャベツをシャキシャキスライスしている姿、トランポリンでぴょんぴょんしている姿は本当に可愛くて愛くるしいです。

もっと細かいところだと、猫のミニルームの画面で猫の周りをタップするとその方向を猫が向いてくれるのですが、本当に可愛くて、つい遊んでしまいます!

ぜひやってみてくださいね。

私は猫を飼っているので、猫が大好きなのですが、猫好きには絶対オススメできるゲームです。

ゲームのグラフィックは柔らかな雰囲気で、猫の細かな耳や尻尾などの動きが可愛く表現されています。

ピョコピョコ向きを変える耳とか最高です!

気になるところがあるとすれば、広告ゲームになっているところです。

あとはナチュラルに有料アイテムへ誘導されるところですね。

もちろんこれは課金で解決することができる部分ですので、どうしても気になる人は課金してしまうと良いでしょう。

まとめ

「猫とスープ」の遊び方、プレイしての評価について簡単にまとめました。

  • 猫が料理を作り、それを販売するゲーム
  • 施設を増やして、猫を増やそう
  • 施設のレベルをあげ、発展させていこう
  • 猫をカスタマイズして可愛くしよう
  • 放置ゲームなのでカジュアルに楽しめる!
  • 猫好きには絶対オススメ
  • 広告、有料アイテムの誘導が多いのが欠点

猫とスープは2021年11月29日に配信されたゲームで、もうすぐ1周年を迎えます。おめでたいですね!

このような、かわいいゲームがもっと増えたら嬉しいですし、猫は現実でもゲームでも愛される動物だということをしみじみと感じました。

おすすめの記事