【荒野行動】2本指・3本指のボタン配置設定と勝率アップのコツ!

こんにちは!今日も荒野行動、アプリ王国編集部です(⌒∇⌒)

さてさて、荒野行動では射撃ボタンなどを自由にカスタマイズすることができますが、その配置の仕方では「~本指プレイ」といいますよね。

このボタン配置設定で、勝率が変わるといっても過言ではないほどの要素といわれています。

 

ボタン配置は2本指、3本指、4本指の3種類がメジャーですが、今回はその中でも2本指と3本指にフォーカスしてまとめていきたいと思います!

脱・初心者を目指す人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

荒野行動 2本指と3本指はどっちがおすすめ?

2本指、3本指のどっちがおすすめなのか?

これはできることであれば断然3本指です。

といいますか、使える指が多ければ多いほど柔軟な動きができますので、多ければ多いほど良いです。

2本指はデフォルトのボタン配置のため初心者さんはまずは2本指でプレイすると思いますが、2本指だと、

  • 射撃の際に棒立ちになりがち
  • 偏差撃ちがしにくい

などの弱点があります。

はじめは2本指で慣れて、徐々に3本指に移行するのがおすすめです。

荒野行動 2本指のおすすめ配置と射撃のコツ

2本指のおすすめボタン配置

ボタン配置については、基本的にデフォルトで問題ないです。

ただ、立ち回りがしやすいように、少しだけ変更を加えるのがおすすめです。

左と右の射撃ボタンを大きくする

まず、射撃ボタンを大きくしましょう。

射撃ボタンが小さすぎるとタップミスをする可能性があるため、大きくしておくのが良いでしょう。

目安としては、左の射撃ボタンは2倍くらい、右の射撃ボタンは1.5倍くらいがベストです。

※右は大きすぎると誤射しやすくなります

スコープボタンを大きくする

あとは右に配置してあるスコープボタンを大きくしましょう。

頻繁に使うボタンですが、デフォルトだとかなり小さいため大きくしたほうがタップミスがしにくくなります。

2本指プレイのコツ

近距離(腰撃ち)は右の射撃ボタンを使おう

2本指でプレイしたときの最大の弱点は、射撃の際に棒立ちになることです。

射撃は基本的に細かく動きながら行っていきたいところ。

棒立ち状態で射撃をしていると、近距離で相手と撃ち合いになったときに恰好の標的になります。

2本指で左の射撃ボタンだけを使っていると、射撃のときには常に棒たちになってしまいますので、腰撃ち(スコープを覗かずに撃つこと)の際には右の射撃ボタンを使いましょう!

右の射撃ボタンは射撃をしながら細かく動くことができますので、これで棒立ちを避けることができます。

左の射撃ボタンはスコープを覗いたときだけ使う

左の射撃ボタンを使うとどうしても撃ちながら動くことができませんので、スコープを覗くときにだけ使うと割り切りましょう。

スナイパーで高倍率スコープを付けて狙うときには敵との距離が離れているため、棒立ちになったとしても近距離よりは危険はありません。

 

荒野行動 3本指のおすすめ配置と射撃のコツ

3本指のおすすめボタン配置設定

3本指の場合には、左の射撃ボタンを左上に持っていきます。

そしてこのボタンをタップするときに使うのは左手の人差し指です。

自分の左人差し指の先端が自然に触れるくらいのあたりにボタンを配置します。

それと3本指にしたときにはリーンボタンも配置しておくと良いですね。私はスコープボタンの近くに配置しています。

そのほかは2本指のボタン配置と同じで問題ありません。

3本指プレイのコツ

射撃は基本的に左のボタンを使う

3本指の場合は、射撃はほぼ左ボタンを使うことになります。

3本の指を同時に使えるようになるので、射撃の反応速度が2本指よりも格段に上がるのがメリット。

それから、スコープを覗きながら細かく動くことができるため偏差撃ちのタイミングも合わせやすくなります。

※偏差撃ち・・・相手が動く先に合わせて少し前を撃ち、確実にヒットさせるテクニック

屋内の超接近戦の場合のみ右射撃ボタンを使う

3本指の射撃は基本的には左ボタンを使いますが、マンションの中などの超接近戦の場合はタイミングが合いずらいこともあります。

その場合にのみ、右射撃ボタンを使うと瞬時に反応ができて撃ち合いにも勝ちやすくなります。

緊急時用として右射撃ボタンを活用するのがおすすめです。

 

まとめ

以上!荒野行動の2本指と3本指について比較しながらまとめてみました。

・2本指では左右の射撃ボタンを使い分ける
・3本指では左射撃ボタンがメインで右は緊急用

慣れてきたらできれば指の本数は増やしたほうが良いので、2本指で勝てるようになってきたらぜひ3本指にも挑戦してみてください!

私もそうでしたが、移行するときにはかなり練習しないとうまくいかないのでその時には射撃場をうまく活用しましょう!

おすすめの記事